確定拠出年金

かくていきょしゅつねんきん

掛金の金額を予め定めて、給付額は運用実績次第とする掛金建ての年金制度のこと。
平成13年10月施行の確定拠出年金法により、わが国でもこの制度が創設されました。
確定拠出年金には、企業が掛金を拠出し従業員を加入させる「企業型年金」と、自営業者や企業年金のない企業の会社員が任意に加入する「個人型年金」とがあり、その特長は、個人ごとの口座及び管理資産を設け、加入者が自らの責任において資産の運用を行うことにあります。
米国では「401kプラン」と呼ばれる確定拠出年金制度が普及しているため、日本の確定拠出年金を「日本版401k」と呼ぶこともあります。
「確定拠出」の反対の概念は「確定給付」ですが、わが国の従来の企業年金制度(厚生年金基金、適格退職年金)は、給付額を予め決めてそれに見合う掛金を積み立てるという確定給付の制度でした。