地震保険料控除制度

じしんほけんりょうこうじょせいど

火災保険に付帯される、居住用家屋または生活用動産(家財)を保険の対象とする地震保険契約について、その支払い保険料に応じた一定の額を契約者の課税所得から控除できる制度をいいます。

*所得税は平成19年分から、個人住民税は平成20年度分からの適用となります。