過失割合

かしつわりあい

交通事故発生の原因における過失(責任)の割合をいいます。過失(責任)割合によって、当事者間の負担する金額が異なります。

(例)本人7割:相手方3割の過失割合場合、治療費が相手方に10万円かかった場合のそれぞれ負担する金額
⇒相手方は10万円中、過失3割に当たる3万円を負担します。一方、過失7割である本人側は10万円中の7万円の負担します。