保険業法

ほけんぎょうほう

保険会社は、大勢の契約者から保険料を集め、その共有の準備財産を管理、運用していますので、国民経済や生活に及ぼす影響も大きくなっています。そこで国は、保険事業が健全に運営されることにより、保険契約者等を保護するために「保険業法」を定めています。
保険業に携わる者(保険会社)が守らなければならない基本的な法律です。