生計を共にする

せいけいをともにする

主として記名被保険者の収入により、生活を維持している者(記名被保険者と同一世帯に属する者)をいいます。扶養関係にある場合のほか、経済的一体性、連帯性が存在するような場合もふくまれます。