明記物件

めいきぶっけん

貴金属、宝玉および宝石ならびに書画、骨董、彫刻物、その他の美術品で、1個または1組の価額が30万円を超えるものや稿本や設計書など。

家財を保険の対象とした火災保険において、お申し込み時にご申告いただかなければ補償されません。