リスク分析・対策のプロセス

企業のリスク対策を適切に行うために必要なプロセスを紹介します。

リスク評価のプロセス概要


STEP.1リスクの把握

自社を取り巻くリスクを把握します。具体的なリスクの把握方法は、こちらのページをご覧ください。

STEP.2リスク分析と評価

把握したリスクの分析と定量的評価を行います。リスク評価を行う上で、専門的な領域を調査する場合は、外部専門家を起用することも必要です。

STEP.3処理すべきリスクの優先順位

処理すべきリスクの優先順位を決定し、それぞれのリスクに対してリスク回避・リスク軽減・リスク転嫁・リスク保有の4つのうちどの施策をとるか判断します。

リスク対策

リスク対策として、回避/軽減/転嫁/保有の4つの対策があります。リスク評価の結果を受けて個々のリスクに対して、それぞれ対策を検討する必要があります。

リスク回避 事故が起きないよう未然に防ぐための対策を指し、発生する可能性のあるリスクの原因を取り去ることを意味します。例)河川が氾濫する地域に建設した工場を氾濫の危険性のない場所に移転する 等
リスク軽減 事故による損失を最小化するためにリスク管理プロセスを強化します。 例)経営戦略の再検討、従業員教育、業務プロ背素の改善、システムの改善 等
リスク転嫁 自社保有の限界値を超えるリスクに対して、保険などを活用して社外にリスクを移します。 例)資本市場の活用、保険市場の活用、ハイブリッド手法、自家保険 等
リスク保有 許容範囲とみなしたリスクを自社の財務体力で吸収し、事故の際の損失や賠償等を自社で全て支払うことを指します。リスク評価手法の詳細

リスク管理プロセスの詳細

STEP1:リスクの把握

リスク管理のプロセスにおいて、まず、事業を取り巻くリスクを把握します。
ハザードリスク/オペレーショナルリスク/戦略リスク/財務・金融リスクのそれぞれの観点でリスクを捉えていきます。
リスクを把握するための簡易分析シートはこちら

リスクの把握の図

ハザードリスク

自然災害やテロ等の外的要因、予測困難な事象により損害が生じるリスク。発生頻度はコントロールできない。

オペレーショナルリスク

事業活動の中で、自らのErrors & Omission(瑕疵、怠慢)あるいは外的要因を起因とする損失が生じるリスク。 多くのケースでは、発生頻度、影響度ともに、自らコントロールできる。

戦略リスク

全社的な経営判断が必要なリスク。一般的には、オペレーショナルリスクよりコントロールが困難だと言われている。

財務・金融リスク

金融市場における様々な要因が変化することにより、保有する資産や負債の価値が変動し、損害が生じるリスク。

STEP2:リスクの把握

Step1でリスク把握(リスクの洗い出し)を行った後、個々のリスクに対する分析と定量的評価を行うことにより、自社への影響度を把握することができます。
例えば、ある施設(工場)が罹災した際の財物損害や復旧までの逸失利益を分析することは、自社の財務インパクトを事前に把握できるため、適切な対策を講じることが可能となります。なお、このような専門的な領域の調査は、必要に応じて外部専門家を起用することも有効です。

リスク分析・評価のサンプルシートのダウンロードはこちら

一般的なリスク分布
一般的なリスク分布

STEP3:処理すべきリスクの優先順位決定

Step2で分析・評価したリスクの対処すべき優先順位を決定します。
企業を取り巻く全てのリスクに対して対策を講じることは難しいため、優先順位の高いリスクから対処を施すことが有効です。まずは全社的な視点から企業が抱えるリスクの全体像を把握し、その中で損失の大きさや対策の取りやすさ、対策の効果などの観点から優先順位を検討することが重要です。

リスクの優先順位検討シートのダウンロードはこちら