ソリューション概要

企業活動は、様々なリスクを伴います。一方で、リスクのことばかり考えていると事業活動に積極的な投資を行うことができません。現在のリスク環境や財務状況を正確に把握し、それぞれのリスクに対して適切な備えを検討することが必要です。
マーシュジャパンは、リスクの可視化を通じて、保険という財務的なリスク移転の手段を活用した解決策を提供して参ります。

リスク管理のポイント

1.純粋リスクの管理

企業活動におけるリスクは、「純粋リスク」と「投機的リスク」に大きく分けることができます。「投機的リスク」とは利益・損失双方が発生する可能性のある危険性を指します。動態的リスク、ビジネスリスクとも呼ばれ、経済情勢や政治情勢、法規制、技術環境など事業環境の変化により損失が発生するリスクを指します。
一方、「純粋リスク」とは企業に対して損失のみをもたらすリスクを指し、自動車事故や火災、台風、地震などにより損失が発生する危険性を指します。これらの事象の発生を個々に正しく予測することは困難である一方、統計データを活用することにより、発生確率を測定することが可能です。そのため、純粋リスクに対しては、想定される損失に見合った損害保険契約を締結することにより、損失をカバーすることが可能です。

純粋リスクの図
純粋リスクの図

2.リスク管理のご提案について

企業活動におけるリスク管理を考えるうえで、それぞれのリスクを把握・評価し、適切なリスク対策を検討していかなければなりません。マーシュジャパンが提案するリスク管理は以下のステップやポイントを押さえ、企業に更なる成功をもたらすための支援をします。

①リスクの適正な把握

純粋リスクの転嫁手法のひとつとして保険を活用するにあたり、まずはリスクを正しく把握する必要があります。お客さまの業種や事業内容、社有資産・財物の状況などを調査し、リスクの洗い出しを行います。その上で現状の保険契約の付保状況や補償内容と照らし合わせ、お客さまのリスクの実態に合った補償内容となっているかを確認します。

②保険契約の見直し

リスクおよび現状の保険契約を正しく把握することにより、理想的な保険契約の在り方が浮き彫りになってきます。優先して検討する必要があるのは、現状の契約内容や補償内容では企業を取り巻くリスクをカバーできていない場合です。新たな保険商品を購入すると当然ながら新たなコストが発生するため、経済合理性のある保険設計が求められます。また補償が重複している場合は、重複部分を外したコストの最適化の検討が必要です。洗い出したリスクに対して必要な補償があるか、必要以上あるいは重複する補償はないかに焦点を当てて見直すことにより、リスク対応コストと補償内容の最適化が実現します。

損害保険見直しのご提案についての図
損害保険見直しのご提案についての図

3.契約者主導のテーラーメイド型保険

企業を取り巻くリスクは、業種や地域、事業内容などによって異なり、リスクに対して補償すべき範囲や損失額も様々です。一方で保険会社が提供する商品の特長の一つとして、保険会社が補償条件をパッケージ化したレディーメイド型のものが一般的に流通していると言われています。
マーシュジャパンは、日本における営業を開始してから60年以上にわたり、保険を活用したリスクソリューションの提供を重ね、各保険会社との長年にわたる良好な関係を構築してまいりました。また、各種リスクに精通し、豊富な情報力を持つリソースを活用することにより、定型的な保険商品にとらわれることなく、お客さまのニーズに応じたテーラーメイド型保険のご提案を可能にしています。

契約者主導のオーダーメード型保険の図
契約者主導のオーダーメード型保険の図